【レビュー】勝ち馬がわかる競馬の教科書【書評】

*

【レビュー】勝ち馬がわかる競馬の教科書【書評】

今回は勝ち馬がわかる競馬の教科書のレビュー記事です。

普段は競馬の予想記事を上げているのですが、今回は競馬本の書評をしていきます。

競馬の予想ばかりを書いていますが、そんな僕が競馬を予想するにあたって参考にした本などを紹介しようと思います。

何冊かあるのですが、まずは勝ち馬がわかる競馬の教科書という本を取り上げます。

 

勝ち馬がわかる競馬の教科書

こちらの本になりますね。

表紙に大々的に書かれているように競馬の基本について詳しく書かれています。

競馬新聞の選び方から始まり、馬柱、近走成績、調教欄の見方など、本当に基本的なことから書かれております。

そのため、これから競馬を始めようという、まったくの初心者におすすめの一冊となっております。

おそらくこの本を読み込んで、すべてを理解できるようになれば、それだけで競馬中級者までになれるでしょう。

また、競馬のことをある程度知っていて、毎週馬券を買うような中級者でも、パドックや返し馬の見方などまでは知らないもの。

この本にはパドック、返し馬についても、こと細かに書かれており、パドック解説者などがよく口にする

「トモの返しがいい」や「肩の出が悪い」などの用語が理解できるようになると思います。

血統や各競馬場、調教師についてまで書かれており、馬券に活かせる情報が満載です。

競馬中級者でも読んで、損はないと思います。

また、競馬上級者の方でも基本を忘れないために持っておき、たまに見返すといいでしょう。

スポンサーリンク

 

この本は買いか

巷に売っている競馬本の中には絶対に勝てる法則儲かる馬券術のような謳い文句の競馬本があります。

それらの多くは何らかの理論や何らかの指数などを使って、こうしてこうれば勝てますよ。
この理論や指数を使って、こんな馬券を当たることができましたよ。皆さんもぜひ使ってね。

大体はこんな内容です。

胡散臭いですよね。
本当に必勝の理論や法則があるなら、それが書かれている本はベストセラーは間違いなしで、競馬は競馬として成り立たなくなります。

言ってしまえば、それらは明日のテストにはこういう法則がある。こういう答えが出る、こんな感じではないでしょうか。

おそらく皆さんわかっていると思いますが、そんなふうにしてテストに臨んでもロクな結果になりませんよね。

そんなことに時間を費やしている暇があったら、教科書を見返していた方がよっぽどいいですよね。

だから、この本が必要なんです。

載っているのはあくまで基本だけ。テストに出る答えは載っていない。

そうです。この本はタイトルどおり教科書なんです。

あとはそこにある教科書をどれだけ読み込んで、理解できるか覚えることができるか。
テストの出来というのは、そこにかかっていますよね。皆さんもわかっていると思います。

 

テストには臨むというのに、教科書は持っていない。
それではお話しなりませんよね。勉強のしようがありませんよね。

だから、この本は買いなんです

フォローよろしく!

   
【阪急杯2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は阪急杯2018の予想となります。 ここまで阪急杯2018に

【中山記念2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は中山記念2018の予想となります。 ここまで中山記念201

【嘉瀬川賞】2月24日の地方競馬予想【春うらら賞】

今回は嘉瀬川賞、アメジスト賞を始めとした地方競馬予想となります。

【仁川S】土曜日のおすすめ予想【アクアマリンS】

今回は仁川ステークス、アクアマリンステークスを始めとした土曜日のおすす

【阪急杯2018】予想と枠順見解

今回は阪急杯2018の予想となります。 阪急杯2018は二強。

→もっと見る

  • スポンサーリンク