競馬 重賞予想

【京都金杯2018】予想と枠順見解【最終予想】

更新日:

今回は京都金杯2018予想となります。

ここまで京都金杯2018については、

有力馬診断
過去データ分析
追い切り診断

と、行ってきました。

個人的に年末年始は忙しく、そこまで多くの予想をすることができませんでしたが、
それでも京都金杯2018は、納得のいく予想ができてきたと思います。

狙い馬の見当はつきましたし、ほぼ予想は固まってきております。
あとは最後の仕上げとして、京都金杯2018枠順考察るだけです。
ですので、今回の記事では『枠順見解→最終予想』の流れで進めていきますね。

ここで長々と語っていても仕方ないので、さっそく本題へ入っていきましょうか。

スポンサーリンク

京都金杯2018 枠順見解

京都金杯2018に関しては、
「一、二強ムード」「荒れる」「堅い決着」という、
なんとも、優柔不断なところを見せてしまいました。

京都金杯2018堅い?荒れる?

今回の枠順見解で、最終的にどっちなのか。
そこのところをハッキリさせたいと思います。

では、こちらが京都金杯2018枠順となります。

有力馬の配置は、

2枠2番 ラビットラン
5枠7番 レッドアンシェル
6枠9番 ブラックムーン
7枠12番 ウインガニオン
8枠13番 クルーガー

と、なりました。

有力馬たちは外枠に集中しましたね。
過去データでは、内枠有利と結論づけていただけに、これはどうなのでしょうか。

やっぱり京都金杯2018荒れ……
おっと、これだけで結論づけるのは早計

結論を出すのは、枠順見解をしてからでも遅くないはず。
というわけで、ここからは有力馬たちを細かく見ていこうと思います。

・ラビットラン
差し馬といえば、外枠の方がスムーズでいい。
という、イメージがあるかもしれませんが、この馬は内枠でも大丈夫です。
秋華賞では内枠の競馬からでも結果を好走しましたし、揉まれ弱いということはありません。
むしろ、ロスなく運んで、脚をしっかりと溜めることができるという点でプラスだと思います。
内枠での問題点としては、直線に向いたときに前が開くかどうかですが、こればっかりはギャンブルの域をでません。
当日の、その瞬間になってみないとわかりませんからね。
内枠がプラスに働くとはいえ、この枠では全幅の信頼を置くということはできないと思います。

レッドアンシェル
5枠7番。やや外目の枠に入ってしまいました。
前々で競馬をしたいこの馬にとって、この枠はどうでしょうか。
しかし、この馬の戦績を見ていると、外枠に入ったときは後方からの競馬もしています。
なので、内枠に入らなくとも、この馬の自在脚質をもってすれば問題になりません。
内枠なのに越したことはありませんが、外枠でも大丈夫。
なので、外枠だから割引ということは必要ないと思います。

ブラックムーン
この馬は、後方からの競馬を信条としています。
おそらく、ここでも後方待機からの直線に賭ける競馬をしてくるでしょう。
そうならば、直線に向いたときにスムーズに運べそうな外枠はいいはず。
過去データでは内枠有利でしたが、この馬にとっては外枠がプラスに働くでしょう。
外枠だから割引ということはなく、むしろプラスと捉えるべきでしょう。

ウインガニオン
前々で競馬をしたいこの馬にとって、大外枠がプラスなはずがありません。
スタート直後のポジション取りで、大きなロスが生じてしまうはずです。
同型のダノンメジャーが、この馬より内に入ってしまったので、ハナは奪えないでしょう。
さらに、内側に先行したい馬が多数いるので、外々を周らせられる展開にもなるはず。
13頭立てとはいえ、大外枠であることには変わりなく、この枠は厳しいと言わざるを得ません。

クルーガー
後ろから競馬をするこの馬にとって、そこまで大外枠はマイナスではありません。
過去の戦績を見てみても、内外関係なく、しっかりと好走していることがわかります。
この馬に関しては、過去データはあまり参考にはならず、大外枠でも大丈夫だと思います。

スポンサーリンク

以上が、京都金杯2018枠順見解となります。

有力馬たちは、外目の枠に集まったのですが、

各馬ごとに枠順の有利不利が別れてしまいましたね

やはり、ここが競馬の難しいところだと思います。
同じ外枠でも、ここまで評価が違うのですからね。
まあ、これが競馬の面白いところでもあるんですけど(笑)

さて、枠順からの推奨馬ということですが……、
いつも通り、人気ブログランキングで発表させてもらいますね。

推奨馬→人気ブログランキング

この枠なら、この馬の競馬ができると思います。
自分の競馬に徹することさえできれば、強いのは実証済み。
前々走は自分の競馬で、一線級相手に僅差の勝負に持ち込みました。
このメンバーならば、自分の競馬ができれば、好勝負になるはずです。

さて、これで京都金杯2018枠順見解を終わらせてもらいます。
これから先は、いよいよ京都金杯2018最終予想へと入っていきます。

京都金杯2018 最終予想

今回の最終予想では◎、○、▲、△、★、そして危険な人気馬の6頭を紹介させてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中
自信の本命。大本命馬となります。
先行力、瞬発力。どちらも一線級の力があると思います。
前走は先行しての上り3位。先行してある程度の上りが使えます。
さらに3走前はG1という舞台で、後方から上がり2位の脚を使っての4着。
変幻自在の脚質で、かなりの素質を感じさせます。
今回はメンバー構成的に、先行して競馬になると思います。
前走同様の走りができれば、開幕週の馬場も手伝って、勝ち負けまで持ち込めるでしょう。
斥量も手頃で、可もなく不可もなくという感じで悪くありません。枠も及第点でしょう。
能力、先行力、開幕週の馬場、斥量、枠。
すべてのおいて問題ないとなれば、死角なしの大本命馬となるでしょう。

○ラビットラン
二番手評価に関しては迷いましたが、この馬にしました。
芝では、ここまで掲示板を外したことがありません。
前走、前々走と馬券圏内に来ることができませんでしたが、
あれは、直線が短かったことが影響していたと思います。
直線に短くては、この馬の末脚があまり活きませんからね。
今回は前走、前々走よりは、直線が長いコースとなりますので見直せると思います。
インをロスなく回って、直線で前が空けば、勝ち負けまであるでしょう。
しかし、勝ちにたどり着くには、様々な条件をクリアしなければならないので、対抗までの評価としました。

▲ダノンメジャー
開幕週の京都競馬場は、前が止まらない傾向が強いです。
となれば、前に行けるこの馬は、大きく馬場を味方につけると思います。
前走は逃げ先行馬にとっては厳しい展開、前々走は内枠決着。
ともに度外視できる内容で、ここでの巻き返しは十分にあるでしょう。
同型のウインガニオンは、この馬より外枠に入りましたし、すんなりとハナがとれるはず。
あとはマイペースの逃げに持ち込むことができれば、好勝負となるでしょう。

△クルーガー
大外枠の差し馬。本来ならあまり評価できません。
しかし、この馬の場合は、あまりにも調教が良すぎました。
前走、前々走も強豪ぞろいの中で頑張っていたのですが、それ以上の上昇気配を感じました。
前走、前々走以上となると、このメンバーでは間違いなく好勝負になるはずです。
過去データ的には、大外枠は不利。開幕週の馬場では、差し馬は不利。
しかし、この馬はそれらの不利をも押しのけて、上位に食い込んでくるポテンシャルを感じます。
大外枠だから、差し馬だから消しだというのは危険で、しっかり買い目に入れておいた方がいいでしょう。

★アメリカズカップ
ダノンメジャー同様に、前に行けるこの馬は買いでしょう。
マイル戦はやや忙しい印象を受けますが、前に行ってしまえばこっちのもの。
内枠から前にさえ出られれば、行った行った展開で、上位争いに食い込める可能性はあります。
さらに雨が降るようなことがあれば、この馬の好走確率はグッとあがるでしょう。
オープン戦以上での勝利は、すべて重馬場以上でのものですからね。雨馬場を得意しているのです。
内枠の先行馬というだけでも魅力的なのですが、雨ならばもっと評価を上げてもいい馬です。

危険→人気ブログランキングにて公開中
外枠の差し馬というだけでも減点なのですが、このメンバーでは能力的にも微妙だと思います。
この馬の実績を見てみると、オープン戦でもギリギリで、重賞となると厳しいはず。
買い要素を挙げるとするならば斥量ぐらいですが、そこまで恵まれているわけでもありません。
その割にはそこそこ人気になっていて、正直にいうと人気になる理由がわかりません。
調べたところによると、この馬のドキュメンタリーが放送されたようで、それが原因でしょうか。
この馬は外枠の差し馬のうえに、さらに過剰人気。ここは自信をもって消したちと思います。

スポンサーリンク

京都金杯2018 まとめ

以上で、京都金杯2018予想とさせてもらいます。

今回はなかなか長い記事となってしまいました。
ここまで、お付き合い頂いた方はありがとうございます。

記事が長くしまってしまったことは申し訳ないですが、
長くなってしまった分、かなりいい予想となったと思います。
往々にして、記事が長くなってしまうときは、語りたいことが多い時ですからね。
予想に熱が入っていて、自信があるときはどうしても長くなってしまうのです。

というわけで、今度からは記事の長さを、
僕の予想の自信度と受け取ってもらってかまいません(笑)
だいたい、記事の長さと自信度の高さは比例しますから。

というわけで京都金杯2018予想は、この辺で締めさせてもらいます。
それではみなさん、京都金杯頑張っていきましょう!ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-競馬, 重賞予想
-, , ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.