競馬 重賞予想

【中山金杯2018】予想と枠順見解【最終予想】

投稿日:

今回は中山金杯2018予想となります。

ここまで中山金杯2018については、

有力馬診断
過去データ分析
追い切り診断

と、行ってきました。

個人的に年末年始は忙しく、そこまで多くの予想をすることができませんでしたが、
それでも中山金杯2018は、納得のいく予想ができてきたと思います。

狙い馬の見当はつきましたし、ほぼ予想は固まってきております。
あとは最後の仕上げとして、中山金杯2018枠順の考察するだけです。
ですので、今回の記事では『枠順見解→最終予想』の流れで進めていきますね。

ここで長々と語っていても仕方ないので、さっそく本題へ入っていきましょうか。

スポンサーリンク

中山金杯2018 枠順見解

中山金杯2018「4歳馬対決」
しかし、4歳馬の評価に優劣をつけることは難しく、
ある程度、絞り込むことができたけど、そこからが……。
という感じで、ここまで進めてきました。

ですので、今回の枠順見解で、
今度こそ4歳馬たちの評価に決着をつけたいと思います。

では、こちらが中山金杯2018枠順となります。

有力馬たちの配置は、

1枠1番 ウインブライト
3枠6番 セダブリランテス
4枠7番 ブラックバゴ
5枠9番 ダイワキャグニー
8枠17番 カデナ

と、なりました。

注目の4歳馬たちは1番、6番、9番、17番ですか。
全体的にみると、内側に寄ったかなという感じですね。

過去データからは内枠有利の結論に達していただけに、
より、4歳馬決着に近づくような枠順になったと思います。

やっぱり中山金杯20184歳馬決着で堅そう……
おっと、これだけで結論付けるのは早計

結論を出すのは、枠順からの有力馬見解をしてからでも遅くないはず。
というわけで、ここからは有力馬たちを細かく見ていこうと思います。

ウインブライト
1枠1番。この馬にとっては絶好枠だと思います。
古馬相手に重賞制覇となった、前走は2枠3番。
前走も枠に恵まれた感じがしていましたが、今回もそれは同様でしょう。
前々でロスなく運び、しっかりと脚を溜めることができれば、ここでも十分に勝負となるはずです。
この枠順に関しては、文句のつけようがないでしょう。

セダブリランテス
中山金杯は、内枠有利傾向にある。
これは過去データの分析からハッキリしたことです。
となれば、内枠に入ったこの馬も有利になったでしょう。
内枠での好走歴もあることから、揉まれ弱いということもないはず。
前々でロスなく運んでいければ、自ずと勝ちは近づいてくるはずです。

ブラックバゴ
比較的、真ん中よりの枠に入ってしまいました。
普通ならあまり良いとは言えないはずですが、この馬に関しては別。
過去の戦績を見ると、中枠での好走が目立ちます。
前走のアンドロメダステークスも、15頭立ての8番。
同舞台同条件で行われた京成杯とホープフルSも、17頭立ての7番でした。
イマイチ理由は掴めませんが、しっかりと実績が残っているわけですからね。
中枠での減点は必要ないはずで、むしろ加点した方がいいでしょう。

ダイワキャグニー
5枠9番。やや外目の枠ですね。
前々で競馬をしたいこの馬にとって、外枠がプラスということはないでしょう。
スタートしてからポジションを取るまでに、どうしてもロスが発生してしまいますからね。
しかし、外枠での好走歴があるだけに、外枠だから駄目ということはないはず。
多少の割引は必要なのかもしれませんが、外枠だから消しとまではしなくていいと思います。

カデナ
大外枠に入ったということですが、プラスになるということはないはずです。
外枠でスムーズな競馬ができるといえば聞こえはいいですが、それはロスの大きい競馬を強いられるということ。
力関係的に、そこまで抜けた存在ではないので、大外一気の横綱競馬は難しいように思えます。
今回は、枠的には厳しい戦いとなりそうで、割引が必要でしょうね。

スポンサーリンク

以上が、中山金杯2018枠順見解となります。

ここまで有力馬たちを見てきましたが、
今度こそ4歳馬たちに優劣がつけることができたと思います。

さらに4歳馬対決になやら暗雲が立ち込めてきたような気も……。
当初の見た立てである4歳馬決着で堅いというのは、枠順的には怪しくなってきました。
やはり、それだけ外枠に入った馬たちは不利だったということですね。

さて、それでは枠順からの推奨馬ということですが……、
いつも通り、人気ブログランキングで発表させてもらいますね。

推奨馬→人気ブログランキング

前々で競馬するこの馬にとって、この枠はこれ以上ない枠です。
これまで戦績を見ていると、なんとこの馬が内枠で走ったのは一回だけ。
その一回が前走で、きっちりと結果を残してきたわけですから、
内枠での勝率は1戦1勝、勝率100%ということになると思います。
勝率100%ならば、この馬を推奨しないわけにはいかないでしょう。

さて、これで中山金杯2018枠順見解を終わらせてもらいます。

ここから先は、いよいよ中山金杯2018最終予想へと入っていきます。

中山金杯2018 最終予想

今回の最終予想では◎、○、▲、△、★、★、そして危険な人気馬の7頭を紹介させてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中
この馬を本命にさせてもらいます。
これまでの実績から、今回のメンバーでは力上位のはず。
4戦して、一度も馬券圏外になったことがないというのは素晴らしいです。
前走は3着で、初めて敗れてしまう結果となりましたが、あれは距離が長かったかなと思います。
それに休み明けの影響も多少あったはずですし、一叩きして距離短縮となる今回は違うはず。
前々に行ける脚も魅力的で、ここでもしっかりと先行してくれるでしょう。
内枠を引いたことで、前々でロスのない競馬ができるというのは、大きな加点材料です。
今回は人気になっていますが、人気には逆らづらく、最も信頼できる軸馬だと思います。

人気ブログランキングにて公開中
完全に人気の盲点になっている。
この馬の戦績を見てみると、過去にはウインブライトに勝ったこともある。
近走はイマイチな結果が続いていますが、2,3走前は単純にG1だったから。
前走に関してはプラス24キロと、久々が効いたように思える。
一叩きした今回は違うはずで、他の4歳有力馬たちと比べても遜色ないはず。
ウインブライトが斥量56キロで、この馬が54キロなら恵まれているといっていいはず。
過去データではあまりハンデは関係ないと言っていたが、軽いに越したことはないだろう。
あまり人気にもなっていませんし、積極的に狙ってみたいと意味も込めて、重い印を打ってみました。

▲ブラックバゴ
単穴には6歳となるこの馬を。
この馬の中山2000m実績を見てみると、1-1-1-0。
3戦して、一度も馬券を外していない。さらにこの3戦のうち、2戦は重賞。
そこでも結果を残していることから、この馬は中山2000mを得意としているはず。
さらに注目してもらいたいのは、真ん中枠での実績。
馬番が7番または8番に入ったときは、かなり高い確率で馬券になっている。
このことから、この馬が中枠からの競馬を得意としているということがわかる。
中山2000mが得意で、中枠も得意。
それら二つの条件が重なった今回は期待してもいいはずだ。

△ウインブライト
個人的には、有力4歳馬たちの中で、この馬が一番能力的に微妙だと思っている。
前走は勝ちこそしたものの、あれは斥量と展開に恵まれていたところが大きい。
この馬が勝ってきたレースは、いずれも何かしらに恵まれていたと感じている。
今回も枠順には恵まれたが、斥量は見込まれてしまっただろう。
前走で重賞2勝となってしまったので、斥量が重くなるのは仕方ないのだが……。
枠順には恵まれたが、能力と斥量的に厳しいということで、これぐらいの評価に。

★ストレンジクォーク
追い切りでは素晴らしい動きを見せてくれていた。
あの追い切りを見る感じでは、素質はここでも引けを取らないはず。
しかし、この馬のレースを見ると、折り合い面に課題がありそう。
ここでも折り合い面がどうかということだが、騎手の名前を見る感じだと……。
しかし、かなりの人気薄で、能力と素質では通用すると考えると、買い目には入れておきたい。

★ダイワキャグニー
このメンバーの中では、実力だけなら一、二を争うとみている。
しかし、どうもこの馬は不器用な感じで、広いコースの東京競馬場に実績が集中している。
あまり広くない小回りコースとなる、中山競馬場ではどうなのか。
ただ、高い能力はあるので、買い目から消すのは危険と判断。この評価に落ち着いた。

危険→デニムアンドルビー
能力的にも、過去データ的にも厳しいと思います。
前走こそ2着と好走しましたが、あれは鞍上のナイス騎乗によるところが大きいはず。
なので、乗り替わりとなってしまう今回は……。
さらに中山金杯では8歳と牝馬、差しは難しいというデータが出ており、
すべてに当てはまってしまう、この馬はどうなのでしょうか。
前走の競馬が評価されて、そこそこの人気になっていますが、ここでは厳しいでしょう。

スポンサーリンク

中山金杯2018 まとめ

以上で、中山金杯2018予想とさせてもらいます。

今回もなかなか長い記事となってしまいました。
ここまで、お付き合い頂いた方はありがとうございます。

記事が長くしまってしまったことは申し訳ないですが、
長くなってしまった分、かなりいい予想となったと思います。
往々にして、記事が長くなってしまうときは、語りたいことが多い時ですからね。
予想に熱が入っていて、自信があるときはどうしても長くなってしまうのです。

というわけで、今度からは記事の長さを、
僕の予想の自信度と受け取ってもらってかまいません(笑)
だいたい、記事の長さと自信度の高さは比例しますから。

というわけで中山金杯2018予想は、この辺で締めさせてもらいます。
それではみなさん、中山金杯頑張っていきましょう!ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-競馬, 重賞予想
-, , ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.