競馬 重賞予想

【京都金杯2018】追い切り診断

投稿日:

今回は京都金杯2018追い切り診断となります。

京都金杯2018は、とても自信のあるレース。
こりゃ、新年一発目から行けるで! 有力馬診断ではそんなことを言っていました。

また「一、二強ムード」も漂ってきていて、
「荒れる余地」も十分にある。そんな話しもしていました。

果たして、それらは追い切りというファクターからはどうなのか。

有力馬診断通り、一、二強ムードで荒れる余地があるのか。
はたまた、まったく違う結論に行きつくのか。

京都金杯2018追い切り診断では、そこら辺を見ていこうかなと思います。

さて、それでは本題に入っていきましょうか。

スポンサーリンク

京都金杯2018 追い切り診断

僕の追い切り診断では走破タイムのほかにも、
追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。

追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。

しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。

説明はこのくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

京都金杯2018 有力5頭

レッドアンシェルA
栗東 CW 良 1月3日(水)
87.4-70.5-54.8-39.4-11.4 馬なり
内側を通っての単走。
道中をリズムよく運び、そのままの勢いで直線でも伸びていた。
直線では鞍上が抑えきれないほどの、勢いを見せていた。
これで調子が悪いということがあるはずがない。好気配でしょう。

ブラックムーンA
栗東 CW 良 1月3日(水)
83.2-66.6-51.8-38.3-11.9 直線一杯
外側を通っての二頭併せ馬。
道中をゆったりとしたペースできて、併せ馬を前に置く形に。
直線に入ってから追われると、鋭い伸びをみせていた。
併せ馬をあっさりと追い抜いて、余裕の先着。
伸びの良さ、ムチへの反応スピードを見ると、しっかりと準備はできている。

ラビットランA
栗東 CW 良 1月3日(水)
86.6-69.0-53.7-38.8-12.1 軽め
最内を通って、三頭併せ馬。
道中をゆったりとしたペースできて、直線でも鞍上が押さえていた。
鞍上が必死になって抑えなければならないほど、直線では伸びを見せていた。
軽めの調整なので、そこまでのことは分からないが、好調維持といったところではないでしょうか。

クルーガーS
栗東 坂路 良 1月3日(水)
53.3-38.9-24.9-11.7 終い仕掛け
坂路を単走。
スピード、踏み込みともに申し分なし。
終いの伸びが凄まじく、坂路でこれは中々できるものではない。
叩き3走目で、さらなる上積みにも期待できそうだ。
レースへの準備は万端で、現状では文句のつけようがない。

ウインガニオンC
栗東 坂路 良 1月3日(水)
52.1-37.8-24.8-12.4 馬なり
坂路を単走。
踏み込みは問題ないが、ややスピード感に欠けるような印象を受けた。
走りからも、ぎこちなさが感じられ、あまり良いとは言えない。
良い時と比べて、一息のように思える。

スポンサーリンク

京都金杯2018 全頭

ここからは時計と簡単なコメント、追い切りランクのみの評価となります。

アメリカズカップA
栗東 坂路 良 1月3日(水)
52.2-38.1-25.3-12.9 馬なり
時計以上のスピードを感じた。
踏み込みも力強く、好気配のように見えた。

カラクレナイ【D】
栗東 CW 良 1月3日(水)
82.1-65.5-50.7-37.5-12.6 馬なり
スピード感があまりなく、力強さにも乏しい。
動きが全体的に緩慢と言わざるを得ません。
直線では上に飛び跳ねるような仕草も見せており、口向きも悪い。
総評するなら、ザ・休み明けという感じで、ここではどうか。

キョウヘイB
栗東 坂路 良 1月3日(水)
53.2-38.8-25.2-12.7 馬なり
口向きの悪さは気になったが、動き自体は悪くない。
スピード、踏み込みともに問題なく、見せムチにも反応していた。
この馬なりに好調なのではないだろうか。

スズカデヴィアス【D】
栗東 CW 良 1月3日(水)
81.6-66.0-51.7-38.0-12.4 馬なり
あまり目立たない動き。
頭の位置も高く、追われてからの反応もイマイチ。
調子が良さそうとはいえず、今回はどうか。

ストーミーシーC
美浦 南W 良 1月3日(水)
2.7-68.0-53.5-39.6-13.2 やや強め
直線での伸びを欠き、併せ馬たちに先着を許す。
良い時と比べて、一息。今回はどうなのだろうか。

ダノンメジャーB
栗東 CW 良 1月3日(水)
83.8-66.4-51.2-37.5-11.9 直線仕掛け
直線でいい伸びを見せて、併せ馬たちに先着。
調子は悪くなさそうで、好調維持といったところだろう。

マイネルアウラートB
美浦 南W 良 1月3日(水)
71.6-55.9-40.4-13.2 強め
スピード、踏み込みともに問題なし。
直線での伸びもよく、しっかりと力の出せる仕上がりだろう。

マサハヤドリームC
栗東 坂路 良 1月3日(水)
52.9-38.8-25.8-13.2 馬なり
あまり目立たない動き。この相手関係ではどうか。

スポンサーリンク

 京都金杯2018 追い切り診断まとめ

以上が、京都金杯2018追い切り診断でした。

今回の京都金杯2018有力馬そうでない馬で、
状態の良しあしがハッキリ別れたかなという印象です。

追い切りが良いと思った馬は、有力馬に多かったですし、
京都金杯2018「堅いレース」になりそう予感がしてきました。

そんな堅いレースになりそうな京都金杯2018ですが、軸馬の選定が難しい。
どの有力馬も調子が良さそうで、あまり優劣はありませんからね。

では、そんな中で、僕が追い切りから軸馬に推奨したいのはどの馬なのか。
また、軸にしてはいけない危険な有力馬とはどの馬なのか。

それぞれを「推奨馬」「危険馬」という形で紹介させてもらいます。
今回もいつも通り、人気ブログランキングにて発表中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

【推奨馬】
近走、復活の兆しを見せてきましたが、
ここにきて、完全復活といっていいのではないでしょうか。
ここ最近で一番。いやこれまでで一番の追い切りのように思えました。
完全復活というよりは復活して、なお力をつけてきたという感じなのではないでしょうか。
前走、前々走からの上積みは、もちろんありそうです。
調子のいい有力馬たちが揃いましたが、
この馬はその中でも、特に調子が良さそうだと感じました。

【危険馬】
有力馬たちの中で、唯一本調子ではなさそうでした。
この馬はよく夏だけ走るという噂を聞きますが、まさにその通りなのではないでしょうか。
追い切りはあまり動いていませんでしたし、夏の時と比べると、一息な感じが否めません。
今回はそこそこ人気になっていますが、あまりお勧めはできない一頭です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-競馬, 重賞予想
-, ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.