競馬 重賞予想

【シンザン記念2018】予想と有力馬診断

投稿日:

今回はシンザン記念2018予想となります。

シンザン記念は、3歳馬重賞です。
この時期の3歳重賞というのは「非常に難しい」と思います。
というのも、この時期は重賞常連組と勝ち上がり組が入り乱れることが多いからです。

重賞をイマイチ勝ちきれない、賞金加算をしたい馬。
近走になって、ようやく勝ち上がってきたばかりの馬。

往々にして、前者が実力の少し足りない早熟馬で、
後者がここにきて、力の片鱗を見せ始めた晩成馬といったところでしょうか。

100%の力は出せる能力8の馬。
80%の力しか出せない能力10の馬。
と、表現すれば、よりわかりやすいでしょうか。

ちょうど、この時期というのはこんな馬たちが続出してきます。
だから、非常に難しいと思いますし、レースが荒れることも多くなってくるのです。

今回のシンザン記念も例外ではないでしょうね。

というわけで、シンザン記念2018予想へ入っていきましょうか。

スポンサーリンク

 

シンザン記念2018 予想オッズ

① ファストアプローチ 2.6
② エアアルマス 4.0
③ カシアス 4.3
④ スターリーステージ 5.6
⑤ アーモンドアイ 6.8
⑥ カフジバンガード 15.6
⑦ スカーレットカラー 32.2
⑧ プリュス 46.3
⑨ ヒシコスマー 47.7

ここまでがシンザン記念2018で上位人気に推されそうな馬たちです。

勝ち上がり組重賞常連組
シンザン記念2018も、それぞれが入り混じってのレースとなりました。
予想オッズも、勝ち上がり組と重賞常連組が分け合うような形になっています。

1番人気のファストアプローチは重賞常連組。
エアアルマスは勝ち上がり組で、カシアスは重賞常連組。
それ以下も、勝ち上がり組と重賞常連組が、複雑に入り混じっています。

こうなってくると、単純な能力比較は難しく、
シンザン記念2018難しいレースということになるでしょう。

さて、それでは勝ち上がり組と重賞常連組。
今回のレースでは、どちらの方に分がありそうか。

そこら辺を有力馬診断として見ていこうと思います。

スポンサーリンク

 

シンザン記念2018 有力馬診断

ファストアプローチ

未勝利戦を勝ってから、ここまでオープンでしのぎを削ってきました。
重賞常連組となるこの馬ですが、派手さのない堅実な走りを見せてくれます。
前走は好メンバーの揃ったG1で6着。強い馬を相手にしても堅実性を発揮しました。
となれば、ややメンバーレベルの落ちる、ここでも上位争いになるでしょう。
ただ、個人的には決め手に欠けるかなという印象で、勝ちきるまではどうかなと思っていたのですが、
陣営もそれを思ってか、鞍上にMデムーロ騎手を配してきました。
Mデムーロ騎手なら、ムチ入れの早さに定評がありますし、
イマイチ勝ちきれないこの馬を勝利に導いてくれるかもしれません。
上位争いは必至で、今回は勝ち負けまである。それが今のところの結論です。

エアアルマス

未勝利戦を勝って、ここに臨んできました。勝ち上がり組ですね。
新馬戦こそ負けてしまいましたが、未勝利戦の勝ちっぷりは秀逸でした。
あれぐらいの競馬ができれば、ここでも十分に勝負になると思います。
ただ、気になるのは鞍上の乗り替わりです。
ここまで手綱をとっていたルメール騎手が、騎乗停止処分中。
今回は、鞍上が福永騎手に乗り替わりとなりました。
これはあまり良いとはいえず、そこだけが気がかりです。
しかし逆にいうと、それぐらいしか文句のつけようがなく、軽視は危険だと思います。

カシアス

未勝利戦を勝ってから、ここまで重賞を使ってきました。
重賞でも能力が足りることは証明済みで、G3で1着、G2で2着の実績があります。
この馬のレースぶりをみていると、競馬センスがあるのかなと思います。
1200mから1400mに距離変更したときも、まったく苦にしませんでしたし、
1400mから1600mになった前走も、見事な対応力を見せてくれました。
前走は世代一線級を相手に、引けの取らない走りができていました。
ここでもそのセンスの良さを生かして、好勝負を演じてくれると思います。

スターリーステージ

未勝利からの勝ち上がり組ですが、勝ち上がるまでに4戦もかかってしまいました。
しかし、それは戦ってきた相手が悪かっただけでしょう。
ジャンダルムと0.2秒差。シグナライズと0.3秒差なら、ここでも通用するでしょう。
ただ、前走の未勝利戦で0.1秒しか差をつけられなかったことから分かるように、
おそらく、この馬は相手なりに走ってくるタイプなのだと思います。
なので、勝ちまであるかと言われれば微妙で、ここでも善戦するまでに留まるのではないでしょうか。

アーモンドアイ

未勝利からの勝ち上がり組です。
ここまで勝ち上がり組は、通用すると言ってきましたが、この馬はどうでしょうか。
新馬戦で負けてしまったニシノウララは、その後が微妙。
未勝利戦も0.6秒差をつけての快勝でしたが、その時もメンバーレベルが低かったように思えます。
今回は鞍上もルメール騎手から乗り替わりとなりますし、ここでは厳しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シンザン記念2018 有力馬診断まとめ

以上が、シンザン記念2018予想オッズ有力馬診断でした。

ここまでシンザン記念2018の有力馬を見てきたわけですが、
若干、重賞常連組に分があるかなという印象です。

やはり、勝ち上がり組は未知数の部分が大きく、信頼を置きずらい。
引き換え、重賞常連組は重賞でも、それなりの結果を残してきたわけですからね。

軸として安心なのは、重賞常連組ですね。
個人的にも、重賞常連組の中から軸馬を選ぼうかなと思っています。

それでは、現時点で僕が軸馬にしようかなと思っている馬を、推奨馬として紹介させてもらいます。
また、推奨馬とは逆で、買ってはいけない危険な人気馬というのも紹介していきます。
どちらも人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

【推奨馬】
いまいち決め手に欠けるタイプですが、その代わりに堅実な走りを見せてくれます。
この馬は様々な距離で使ってきましたが、個人的なベストはマイルだと思っています。
今回はマイル戦になりますし、これはプラス材料のはずでしょう。
また、開幕週の京都競馬場は、逃げ先行馬が有利な傾向があるだけに、
前に行けるこの馬はとっては、これもこの馬を推す一つの要因です。
乗り替わりもプラスに働くと思っていて、これは素直に鞍上強化ととっていいはず。
これだけのプラス材料が揃えば、馬券圏内は堅く、勝ち負けまであるのではないでしょうか。

【危険馬】
今回、そこそこ人気になっていますが、この馬は危険だと思います。
これまで戦ってきた相手が微妙と言わざるを得なく、まず能力的にどうか。
さらにこの馬の場合はスタートが良くなく、全レースで出遅れています。
一気に相手関係が強化されるここで、出遅れているようでは厳しいと思います。
鞍上も、ルメール騎手が騎乗停止処分中ということで、乗り替わりとなります。
これだけのマイナス材料がそろってしまっては、ここでは厳しいと言わざるを得ません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-競馬, 重賞予想
-, ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.