【フェアリーステークス2018】予想と有力馬診断

*

【フェアリーステークス2018】予想と有力馬診断

今回はフェアリーステークス2018予想となります。

フェアリーステークス2018予想ということなのですが、
このフェアリーステークスは、なんだか地味な印象があるんですよね。

新年一発目の日曜メインレースということで、もっと盛り上がっていいはずなのですが、
前日にある中山金杯、京都金杯の方が、どうも目立っているような感じがします。
同じ、G3のレースなんですけどね。やっぱり、新年最初の重賞から否かというのが大きいのでしょうか。

しかし、そんな地味なフェアリーステークスですが、
それとは対照的に、華やかな3歳牝馬たちが揃ったと思います。
この中から、今年のクラッシックを賑わせてくれるような馬が出てきても、おかしくないでしょう。

クラッシックの話しをするのは早いと思いますが、
個人的には、クラッシック路線で活躍しような馬を先取りしておきたいところです。
やっぱり、先見の明をするのは気持ちいいですからね。

というわけで、フェアリーステークス2018予想に入っていきましょうか。

スポンサーリンク

 

フェアリーステークス2018 予想オッズ

① レッドベルローズ 3.5
② プリモシーン 4.2
③ サヤカチャン 4.2
④ トロワゼトワル 6.2
⑤ ジーナスイート 9.6
⑥ テトラドラクマ 12.2
⑦ オハナ 18.4
⑧ スカーレットカラー 23.3
⑨ デュッセルドルフ 27.3

ここまでが、フェアリーステークス2018で上位人気に推されそうな馬たちです。

3歳牝馬重賞レースとなる今回ですが「混戦ムード」が漂ってきます。

一勝馬や二勝馬ばかりのメンバー構成で、キャリアの浅い馬たちばかりです。
一番人気に推されているレッドベルローズも、一戦一勝馬。
二番人気のプリモシーンも、まだ2戦しかしていません。

能力の底を見せていない馬ばかりで「かなり難しいレース」なのではないでしょうか。
予想オッズも割れ加減で、それを如実に表していると思います。

しかし、どんなレースにでも、絶対に勝ち馬は存在します。
混戦ムード難しいレースであるフェアリーステークス2018でも、勝ち馬は出てきます。

では、このレースで勝ち馬に一番近そうなのは、どの馬なのか
そこら辺を、有力馬診断として見ていこうかなと思います。

スポンサーリンク

 

フェアリーステークス2018 有力馬診断

レッドベルローズ

一戦一勝で、ここに臨んできました。
前走はゆったりとしたペースの中を、鋭い末脚で追い込んできていました。
2着馬とはハナ差の接戦となりましたが、3着馬以降には6馬身差の快勝でした。
この馬の末脚には非凡なものを感じましたが、さすがにこの人気はどうか。
確かに新馬戦では3着馬に6馬身もの差をつけましたが、その3着馬は次走で7着。
となれば、新馬戦はレベル的にどうだったのかという疑問が浮かんできます。
もうひとつ気になるのは、新馬戦で手綱をとった福永騎手が、別の馬に騎乗するということ。
これは福永騎手がこの馬よりも、そちらの方を高く評価したということではないでしょうか。
現在の予想オッズでは一番人気にまで推されていますが、個人的には微妙なのかなと思っております。

プリモシーン

2戦1勝。未勝利戦を勝って、ここに臨んできました。
新馬戦で勝ち上がれなかったと聞けば、あまり良くないように思われがちですが、
それは、相手が阪神JFでも4着に入ったトーセンブレスだったからです。
個人的にトーセンブレスは、非常に高く評価している馬で、その馬なら負けても仕方ありません。
それに負けこそしましたが、トーセンブレスと0.3秒差。これは評価できると思います。
さらに、前走の未勝利戦では、とてつもない鬼脚を使っての勝利。
上り2位とは0.8秒差もつけての上り最速だったのですから、非凡な素質を感じさせます。
新馬戦では前々の競馬、未勝利戦は後方からの競馬。脚質に幅があるのもプラスです。
鞍上も新馬戦で手綱をとった戸崎騎手ですし、現状では軸として最適だと思います。

サヤカチャン

キャリアの浅い馬たちが目立つ中、この馬はすでに7戦もしています。
キャリアが豊富といえば聞こえはいいですが、逆に言ってしまうと使い詰めということです。
デビューから、ここまで休みもなく、8戦目のここに挑んできます。
当然、大きな上積みなんかはないでしょうし、馬の疲労が気になります。
前走はレベルが高かったとはいえ、14着は負けすぎです。
これは、使い詰めの影響があった可能性は少なからずあると思います。
それにも関わらず、大した間髪もいれずに、レースに臨んできます。
現在はそこそこ人気にもなっていますし、重視したいとは思いませんね。

トロワゼトワル

前走こそ敗れてしまいましたが、あれは展開が不向きでした。
上位を占めた三頭が、4コーナーで3番手以内で、明らかな前残り展開。
さらに勝ち馬が、のちに阪神JFを制するラッキーライラックだったわけですから、これは仕方ありませんね。
むしろ、このレースは前残り展開の中で、よく追い込んできたと思います。
新馬戦も、500万条件で好走するレッドシャーロットを相手にしての勝利ですし、評価できる内容でしょう。
鞍上の福永騎手も、この馬を選んでくれたわけですし、騎手からの評価も高い馬です。
前走の負けが響いて、やや人気を落としている今回、この馬は狙い目なのかもしれませんね。

ジーナスイート

牡馬混合の新馬戦を勝って、ここに乗り込んできました。
しかし、レースぶりがあまり目立たなく、そこまでの魅力を感じることのできない馬でもあります。
新馬戦で接戦を演じたクスリバコは、未勝利戦を勝ち上がれていません。
単純な能力比較では、イマイチ食指が進まない感じです。
新馬戦で手綱を取った戸崎騎手も、今回は違う馬に乗るようですし、ここでは厳しいのかなと思ってしまいます。

スポンサーリンク

 

フェアリーステークス2018 有力馬診断まとめ

以上が、フェアリーステークス2018予想オッズ有力馬診断でした。

ここまでフェアリーステークス2018の有力馬たちを見てきたわけですが、
買いたい馬そうでない馬が、ハッキリと別れたかなという印象です。

これは混戦ムードの戦いに、ある程度のメドが立ったのではないでしょうか。
個人的には、勝ち馬になりそうな馬が絞れてきたのかなという感じです。

では、結論として「最も勝ちに近い馬」はどの馬のなのか。

今回は、その馬を推奨馬として紹介させてもらおうと思います。
また推奨馬と合わせて、危険な人気馬というのも紹介しています。
どちらも人気ブログランキングの方で公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

【推奨馬】
キャリアが浅い中で、前での競馬と後ろからの競馬を経験しているというのは大きい。
どちらの場合でも、しっかりと結果を残していますし、展開は不問でしょう。
前走のパフォーマンスを見ていると、非凡なレースセンスを感じさせます。
まだまだ底が見えていないという感じがあり、さらなる上積みにも期待できると思います。
他にもいい馬に乗っていた鞍上がこの馬を選んだというのもプラスで、騎手の評価の現れでしょう。

【危険馬】
キャリアの浅い馬が多い中、この馬はかなりの場数を踏んでいる。
これをプラスと取る人もいるかもしれませんが、僕はマイナスだと思います。
かなりの場数を踏んでいるというのは、逆に言うと使い詰めということ。
まだまだ若い馬ですが、馬の疲労というのはもちろんあるはずです。
さらに、たくさんのレースをこなしてしまったことで、
この馬の底というのが、ある程度見えてきてしまっています。
使い詰めで上積みには期待できないでしょうし、ここでは厳しいのかなと思います。

フォローよろしく!

   
【飛燕賞】2月18日の地方競馬予想【桂浜花海道特別】

今回は飛燕賞、桂浜花海道特別を始めとした地方競馬予想となります。

【大和S】日曜のおすすめ予想【ヒヤシンスS】

今回は大和ステークス、ヒヤシンスステークスを始めとした日曜日のおすすめ

【小倉大賞典2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は小倉大賞典2018の予想となります。 ここまで小倉大賞典2

【フェブラリーS2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 ここまで

【フェブラリーステークス2018】予想と枠順見解

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 フェブラ

→もっと見る

  • スポンサーリンク