【京都金杯2018】予想オッズと有力馬診断

*

【京都金杯2018】予想オッズと有力馬診断

今回は京都金杯2018予想となります。

京都金杯2018。好メンバーが揃いましたね。
レッドアンシェル、ラビットラン、ブラックムーン、クルーガー、ウインガニオン。
どの馬も名だたる馬たちばかりで、これがG3だとは全然思えません。

さて、今回はそんな京都金杯予想していくわけですが、メンバーを見ただけでは「混戦模様」
実績にそれほど差もなく、ハンデがいい感じに仕事をしていて、難しいなと思っていました。

しかし、いざ予想してみると、あら不思議。
なんと有力馬たちをバッサバッサとぶった斬っていくことに成功しました。
そして、気づいたときにはなんと「一、二強ムード」を醸し出していたのです。

実はこれはとあるファクターに重きを置いてみた結果でして、
個人的にはとても自信のある予想となりました。

では、そのファクターとはなんなのか。

それは記事を読み進めて、確認してみてください!

スポンサーリンク

 

京都金杯2018 予想オッズ

① レッドアンシェル 2.9
② ラビットラン 4.8
③ ブラックムーン 4.9
④ クルーガー 5.3
⑤ ウインガニオン 7.0
⑥ アメリカズカップ 12.9
⑦ キョウヘイ 16.6
⑧ カラクレナイ 28.3
⑨ ストーミーシー 35.4

ここまでが、京都金杯2018で上位人気に推されそうな馬たちです。

中山金杯と同様で、ここでも4歳馬たちが中心となりそうです。
予想オッズで1番人気に推されているレッドアンシェル。
この馬はここに来て、力をつけてきたなという印象で、近2走は評価できる内容です。
2番人気のラビットランも、昨年のクラッシック戦線を沸かせてくれた実力馬。
その実力は芝では掲示板を外したことがないといえば、伝わりやすいでしょうか。

4歳馬たち以外にも、ブラックムーンやクルーガーなど、
G3とは思えない、かなりの好メンツが揃ったと思います。

さて、ではそんな好メンバーの中で勝ちに最も近そうなのはどの馬なのか
そこら辺を有力馬診断として見ていこうかなと思います。

スポンサーリンク

 

京都金杯2018 有力馬診断

レッドアンシェル

長期休養を経て、グッと成長してきたなと思わせる一頭です。
前走のリゲルステークスは、ただのオープンとは思えない好メンバーでした。
その中でもしっかりと勝ちきってくるあたり、かなりの実力があると思います。
今回は前走とほぼ同程度のメンバーなだけに、ここでも実力上位は間違いない。
京都金杯が行われる開幕週の京都は、毎年逃げ先行有利傾向が強いだけに、
ここでは、前々に行ける脚も魅力的に移ります。
これだけの要素があれば、納得の一番人気で人気には逆らいづらいのかなといった印象です。

ラビットラン

上述しましたが、芝になってから掲示板を外したことがありません。
前走はG3で4着と、やや不甲斐ないものでしたが、それでも勝ち馬とは0.1秒差。
となれば、ここでも実力上位のはずだと思います。
この馬の持ち味は、並々ならぬ末脚だけに、開幕週の京都競馬場という舞台設定がどうか。
前が止まらない馬場で、前決着となってしまえば、当然この馬の出番はないでしょうし、
ここでの好走には、やや展開の助けが必要でしょうか。
実力馬ですから軽視は危険だと思いますが、全幅の信頼を置くことは難しいでしょうね。

ブラックムーン

この馬の武器は、なんといっても一線級の末脚。
末脚だけならば、G1馬たちともタメを張れるかもしれません。
それほど強力な末脚を持ち主なのですが、やはりこの馬も開幕週の京都がどうか。
追い込み一辺倒な競馬しかできないため、前残り馬場のようだと難しいと思います。
今回は名手武豊に乗り替わりとなりますが、追い込み競馬をするようでは厳しいでしょうね。

クルーガー

近走になって、ようやく復調してきましたが、この馬もやはり差し馬。
上述したように差し追い込み馬たちは、開幕週の京都という魔物に飲まれてしまうような気がします。
さらに、この馬に関しては斥量57.5と、かなり見込まれてしまったように思えます。
いくら復調してきたとはいえ、これだけの条件が揃ってしまっては厳しいと言わざるを得ません

ウインガニオン

昨年のサマーチャンピオン王者ということで、実力はあるのですが、
この馬に関しては、いろいろと有名ですよね。
ウインガニオンは夏しか走らない。おそらく大半の競馬ファンが知っていると思います。
さらに、これは上ほど有名ではないのですが、左回り専用機とも言われています。
これらの言葉が表すように、この馬の実績は夏の右回りに集中しています。
さて、今回の京都金杯ですが、厳寒期に行われる右回りの競争です。
この馬の好走条件には、これっぽっちも当てはまりません。
しかし、思い出してほしいのは開幕週の京都競馬場ということです。
逃げ先行を得意とする、この馬にとって、これは大きなプラスのはずです。
マイナス要素とプラス要素の混在するこの馬。かなり取捨に困る有力馬なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

京都金杯2018 有力馬診断まとめ

以上が、京都金杯2018予想オッズ有力馬診断でした。

というわけで、今回の有力馬診断は開幕週の京都競馬場に重きを置いてみてきました。
競馬には様々なファクターが絡むのですが、その中でも馬場状態というファクターは色濃く影響するように思えます。
特に開幕週なんていうのは、逃げ先行馬を買っているだけでも勝てることがあるぐらいですからね。

そいでもって、有力馬たちを見てきた感想なのですが、

「うーん、これは荒れるぞ!(歓喜)」

おそらく、ここまで見てきた方たちなら分かると思いますが、
今回の京都金杯2018は有力馬は差し馬が多いのです。
これは開幕週の馬場傾向とは逆行する流れにあり、こういう時は大いにして荒れます。

新年さっそく大荒れ決着に期待できる。今からワクワクが止まりません!

さて、というわけでここまで見てきたのですが、
いつも通り、有力馬診断からの推奨馬危険馬を紹介させてもらいます。
これまた、いつも通りで申し訳ないのですが、人気ブログランキングの方で公開中です。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

【推奨馬】
ここはこの馬を激押しします。
このメンバーでも、実力は最上位に位置すると思いますし、
開幕週の京都競馬場というファクター的にも何の問題もないでしょう。
いつも通りの競馬さえできれば、自ずと結果はついてくるはずです。
鞍上の乗り替わりだけが気がかりですが、この馬から入っていれば間違いないと思います。

【危険馬】
正直、有力馬たちは危険な馬ばかりなのですが、その中でも特にこの馬が危険です。
この馬の武器は、直線での末脚なのですが、今回は同型が多すぎます。
強い同型馬と比べてしまうと、この馬の末脚はやや見劣りする感じが強く、ここではどうか。
さらに、開幕週の京都競馬場、見込まれた斥量など、不安要素が多いように思えます。
そこそこの人気にも推されていますし、ここは消しで大丈夫でしょう。

フォローよろしく!

   
【飛燕賞】2月18日の地方競馬予想【桂浜花海道特別】

今回は飛燕賞、桂浜花海道特別を始めとした地方競馬予想となります。

【大和S】日曜のおすすめ予想【ヒヤシンスS】

今回は大和ステークス、ヒヤシンスステークスを始めとした日曜日のおすすめ

【小倉大賞典2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は小倉大賞典2018の予想となります。 ここまで小倉大賞典2

【フェブラリーS2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 ここまで

【フェブラリーステークス2018】予想と枠順見解

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 フェブラ

→もっと見る

  • スポンサーリンク