【中山金杯2018】予想オッズと有力馬診断

*

【中山金杯2018】予想オッズと有力馬診断

今回は中山金杯2018予想となります。

やや遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
今日から中央競馬の予想記事再開ということで、今年もよろしくお願いします。

さて、新年一発目の予想中山金杯にしました。
この中山金杯と同日に行われます京都金杯は、今年の競馬運を占う一戦として、注目度の高いレースです。
ならば、競馬ファンとしては競馬運を上げるためにも、ここはぜひとも的中させたいところ。

競馬運を上げるために的中させる?
それって逆だろ。「運がいいから的中したんだろ」
僕の言葉から、そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。

これは僕の持論になるのですが、運というのは引き寄せるものだと思います。
なので、僕の中山金杯に向き合う姿勢としては「的中させて運を呼び寄せる」ということになります。

いくら競馬が他のギャンブルに比べて、
予想の段階でかなり運の要素を排除できると言っても、
やはり、最後には運の要素が絡んできますからね。

なので、ここはぜひとも的中させて、運を呼び寄せておきたいところです。

というわけで、今年の競馬運を上げるために頑張って、予想していきましょうか。

スポンサーリンク

 

中山金杯2018 予想オッズ

① セダブリランテス 2.8
② ウインブライト 3.6
③ ダイワキャグニー 4.2
④ カデナ 7.1
⑤ ブラックバゴ 11.9
⑥ デニムアンドルビー 15.6
⑦ アウトライアーズ 20.5
⑧ レアリスタ 32.8
⑨ マイネルミラノ 37.6

ここまでが、中山金杯2018で上位人気に推されそうな馬たちです。

有力どころの3歳……ではなくて、4歳馬たちが揃った印象です。
セダブリランテスは、ここまで馬券圏外なし。世代では上位に位置する能力の持ち主でしょう。
ウインブライト、ダイワキャグニーは昨年、古馬相手に結果を出していますし、これも世代上位。
カデナは近走がイマイチですが、過去には世代でもトップの実力を見せていました。

うーん、やはりこのメンツを見てしまうと、4歳馬同士の対決なのかなと思ってしまいます。

5歳馬以上は、やや小粒な印象ですしね。
ブラックバゴやデニムアンドルビーもいい馬ではあるのですが……。
今のところは、4歳馬たちに軍配が上がると思います。

予想オッズも、4歳馬たちで人気を分け合う形になっていますし、
僕は、予想オッズ通りの4歳馬決着で堅いのではないかと考えています。

さて、では名前が挙がった4歳馬たちの中で、どの馬が最先着をしそうか
また、本当に5歳以上の馬たちが、割り込む余地はないのか

その辺を、有力馬診断として見ていこうかなと思います。

スポンサーリンク

 

中山金杯2018 有力馬診断

セダブリランテス

ここまで4戦連続で馬券圏内を確保しています。
これだけ見れば強そうと感じるかもしれませんが、僕はそうは思っていません。
新馬戦からここまで、あまり大差をつけての勝利はありませんし、相手関係もどうだったか。
新馬戦、未勝利戦で接戦を演じた馬は、500万条件を苦戦している馬ですし、
ラジオNIKKEI賞も、ハンデ戦ということで、有力馬たちはかなりの重斥を背負っていました。
有力どころが斥量に泣いたところを、斥量に恵まれていたこの馬が突いてきただけに過ぎません。
アルゼンチン共和国杯もハンデ戦で相手関係も微妙。これも大きな評価をできるレースではありません。
そこそこの実力があるのは間違いないですが、そこまで抜けた実力かと言われれば、疑問符が浮かびます。
上位争いには絡んでくる可能性はありますが、頭まではどうかなと思ってしまいます。

ウインブライト

前走の福島記念は勝利こそしましたが、ハンデ戦かつ斥量に恵まれていたのかなといった印象です。
勝ったとはいえ、4着までは大接戦。ここら辺の勝敗を分けたのは斥量だったのではないでしょうか。
さらに道中に大きくペースが緩む、先行馬有利なラップだっただけに、展開に恵まれていた感じもある。
福島記念以前の実績をみても、勝った時は相手関係が微妙で、一線級相手にはあっけなく負けています。
今回は前走の勝ちで、人気になりそうですし、積極的に狙いたいとは思わないですね。

ダイワキャグニー

ここ最近になって、力をつけてきたかなといった印象です。
長期休み明けとなった毎日王冠は、先行馬に厳しいペースで4着。
対戦相手もリアルスティール、サトノアラジン、グレーターロンドン、ソウルスターリング、マカヒキ。
G1でも好走してくるような、非常にレベルの高いメンツでした。これは高く評価していいと思います。
それを証明するかのように、前走のキャピタルステークスは快勝。
サトノアレスとはクビ差の決着でしたが、これまた厳しい流れのなかで、よく頑張っていました。
この馬の問題は距離ですが、プリンシバルステークスでの勝ちもあることですし、大丈夫でしょう。
これまでの有力馬たちには辛口ぎみのコメントをしていましたが、この馬は手放しに高評価でいいと思います。

カデナ

この馬は去年の春先までは強い競馬をしていたのですが、春を過ぎてからがサッパリ。
皐月賞から前走に至るまで、9着~16着の間を彷徨っています。
確かに近走は良い時と比べると、一息な感じもありますが、相手関係が強すぎたというのもあると思います。
過去の実績的には、ここでなら通用するだけの能力は見せているだけに、
一気にレベルが落ちてくるこのメンバーでならば、一変があってもおかしくないはずです。
近走の凡走で、人気も落ち気味ですし、馬の調子次第では買ってもいいと思います。
この馬に関しては、追い切りパドック返し馬。このあたりをしっかりみて調子を見極めたいところですね。

ブラックバゴ

4歳馬たちに比べてしまうと、一枚落ちるかなといった感じです。
これまでの実績を見ても、イマイチぱっとしない感じですし、前走の斥量に恵まれていたと思います。
しかし、この馬の特徴として挙げられるのは、ハマったときに強いということでしょうか。
前走にしてもそうですが、いい時は必ずいい上りを使っています。
それだけにペースが流れたときに、後方からバシッと追い込んでくるはずです。
そこまでの重視はできませんが、軽視すると痛い目を見るかもしれません。

スポンサーリンク

中山金杯2018 有力馬診断まとめ

以上が、中山金杯2018予想オッズ有力馬診断でした。

ここまで有力馬たちをバサバサと斬ってきましたが、
割と、絞りこむことができたのではないでしょうか。

これは新年一発目から、いい予想になりそうな予感がします。

うーん、これは一気に楽しみになってきました。
今から早く競馬がしたくてウズウズしてきました!

さて、新年一発目を勝利で飾るために、
現時点で軸に最適だと思っている有力馬」は……。
いつも通り、人気ブログランキングにて公開中です!

さらに今回は「あけましておめでとうキャンペーン」ということで、
推奨馬以外に「危険な有力馬」というのも紹介させてもらおうと思います。
年末年始の大サービスですよ!ぜひご覧になってくださいね!

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

【推奨馬】
有力どころの4歳馬では、一枚能力が抜けているように思える。
今のこの馬と、ダービーまでのこの馬は別物だと考えたほうがいい。
ここ最近でグッと成長を遂げてきて、今では一線級と接戦をするまでになった。
実力は、折り紙のつきだと思います。
この馬の問題があるとすれば、気性面と右回り適正でしょうか。
気性面は、鞍上が前走からの継続騎乗になるので、ここでもしっかりと宥めてくれるはず。
右回りに関しては実績的には良くありませんが、走りを見ていると問題にしないと思います。
実力通りの競馬ができれば、ここでの上位争いは間違いないでしょう。

【危険馬】
前走の勝ちは斥量と展開に恵まれてのもの。
そこまで、大きな評価はできません。
この馬は一線級を相手にすると厳しく、何度も跳ね返されている。
一線級と善戦してきた馬たちが揃っているだけに、相手関係的にどうだろうか。
また、個人的にこの馬は1800mまでの馬だと思っています。
前走こそ2000mで勝ちを上げましたが、何度も言うようにアレは色々と恵まれていた。
前走を除くと、この馬の好走歴は1600m~1800mにしかない。
今回は2000m戦になりますし、斥量的にも見込まれた感じがある。
前走の勝ちが響いて、かなり人気にもなっていますし、ここは思い切って消しでもいいかもしれません。

~追記~
最終予想を公開中!

 

フォローよろしく!

   
【飛燕賞】2月18日の地方競馬予想【桂浜花海道特別】

今回は飛燕賞、桂浜花海道特別を始めとした地方競馬予想となります。

【大和S】日曜のおすすめ予想【ヒヤシンスS】

今回は大和ステークス、ヒヤシンスステークスを始めとした日曜日のおすすめ

【小倉大賞典2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は小倉大賞典2018の予想となります。 ここまで小倉大賞典2

【フェブラリーS2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 ここまで

【フェブラリーステークス2018】予想と枠順見解

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 フェブラ

→もっと見る

  • スポンサーリンク