【東京大賞典2017】追い切り診断

*

【東京大賞典2017】追い切り診断

今回は東京大賞典2017追い切り診断となります。

有馬記念が終わって、ホープフルステークスも終わった。
これで今度こそ今年の競馬は終わり……ではありません!

まだ、地方競馬が残っています。
G1が残っています。東京大賞典が残っています!

今回はそんな東京大賞典2017の追い切り診断記事となります。
ここでしっかりと各馬の調子を見極めて、今年最後を的中で終わらせましょう!

というわけで、東京大賞典2017の追い切り診断に入っていきます。

スポンサーリンク

 

東京大賞典2017 追い切り診断

東京大賞典2017の追い切りは、Youtube上で公開されているので載せておきますね。

僕の追い切り診断では走破タイムのほかにも、
追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。

追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。

しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。

説明はこのくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

東京大賞典2017 中央馬追い切り

ミツバB
栗東 坂路 やや重 12月25日(月)
55.2-39.7-12.7
坂路を馬なり単走。
力強い踏み込み。映像からは高い推進力を感じた。
この馬なりの好調さが伺え、力はしっかりと出せる仕上がり。
レースに向けての準備は出来ているだろう。

サウンドトゥルーB
美浦 坂路 良 12月26日(火)
53.8-39.6-12.8
坂路を馬なり単走。
走りに力強さがあり、スピード感もある。
脚運びもスムーズで、調子の良さが伝わってきた。
時計も馬なりにしてはよく、好調といっていいはずだ。

アポロケンタッキーC
栗東 坂路 やや重 12月25日(月)
53.3-37.6-12.6
坂路を一杯で単走。
一杯にしては、スピードを感じられない。
ムチを使っている場面もあったのだが、あまり反応もしていない。
良い時と比べると、一息のように思える。

インカンテーションB
栗東 坂路 12月24日(日)
54.3-39.9-13.0
坂路を馬なり単走。
身体をうまく使って、いいスピードを出していた。
踏み込みも問題なく、前走から引き続きの好気配。

ケイティブレイブA
栗東 坂路 やや重 12月25日(月)
53.4-39.0-12.1
坂路を単走。強さは一杯。
踏み込み、スピードともに文句なし。
ムチへの反応もよく、仕上がりは良好だろう。

コパノリッキーB
栗東 CW やや重 12月25日(月)
69.7-52.9-37.7
外ラチに沿っての単走。強さは一杯。
今回が叩き4走目となるが、疲労はなさそう。
元気いっぱいの走りで、しっかりとスピードも出ていた。
引退レースに向けて、準備は整っただろう。

ロンドンタウン【D】
栗東 CW やや重 12月25日(月)
66.4-51.0-37.5
外ラチに沿っての単走。強さは直線から強め。
強めにしてはスピード感が物足りなく、頭の高さも気になる。
叩き2走目とはいえ、そこまでの上積みには期待できなそう。
本領発揮となるには、もう一叩きが必要か。

スポンサーリンク

東京大賞典2017 地方競馬追い切り

サブノクロヒョウB
大井 重 12月25日(月)
69.0-54.9-39.8
馬場の真ん中を通って、馬なり単走。
リズム感のいい走りで、軽快さが印象的。
前足の捌きに、若干の堅さが見られたが、そこまで悪いものではない。
この馬なりに好調で、準備万端でしょう。

コスモカット【D】
大井 重 12月25日(月)
×-53.9-39.7
内側を通っての、馬なり二頭併せ。
あまり目立たない動きで、併せ馬にも先着を許していた。
他のメンバーと比べてしまうと、どうしても見劣りする追い切りだった。
この相手では厳しいと言わざるを得ない。

バルダッサーレC
大井 重 12月25日(月)
66.5-52.5-38.2
外側を通っての、馬なり二頭併せ。
スピード感のある走りで、クビをうまく使えている印象。
併せ馬とはそれほど差はなかったが、好調なのは間違いなさそう。
あとは相手関係がどうかだけだろう。

ヒガシウィルウィンS
船橋 やや重 12月25日(月)
64.2-49.9-37.0
外側を通って、やや強めの二頭併せ。
重心の低い走法で、大きな推進力を生み出していた。
終いには併せ馬を突き放す、余裕の先着だった。
前走からの上積みは十分に感じられ、追い切りはとても好印象。

スポンサーリンク

東京大賞典2017 追い切り診断まとめ

以上が、東京大賞典2017追い切り診断でした。

中央、地方馬が入り混じった追い切り診断。
見慣れない地方馬もいたので、なかなか難しい追い切り診断でした。
地方馬に詳しい方からしたら「こいつ何言ってんの?」と思われたかもしれません。

今回は、幸いにも追い切りの動画が公開されていたので、
一度、自分の目で確認してみることをオススメします。

僕の言っていることが、どこまで正しいかわかりませんので(笑)

ですが、今回も一応、追い切りからの推奨馬危険馬を紹介したいと思います。
毎回、恒例となっていることですし、もしかしたら需要があるかもしれませんからね。
今回も人気ブログランキングにて公開中ですので、よかったらどうぞ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

【推奨馬】
前走からの上積みは間違いなくありそうです。
今回のメンバーの中では、断トツの追い切りを見せていましたからね。
あとは相手関係がどうかがですが、それも追い切りを見る限りでは心配なさそうです。
スピード感、踏み込みの力強さ。ともに一線級のメンバーと比べても、遜色ありませんでしたからね。
今回はそこまで人気にもならないでしょうし、面白い穴馬になってくれそうです。

【危険馬】
『前走は案外だったけど、あれは休み明けだから』
『今回は叩き2走目だし、期待できるはず』
そんな大衆心理が働くでしょうが、それは間違いだと思います。
追い切りを見た感じでは、前走と変わらない雰囲気でしたし、動きもイマイチ。
時計も平凡で、叩き2走目でも、そこまでの上積みはないはずです。

いつもなら、これで記事は終わりにしているのですが、
今回はおまけとして、東京大賞典2017の調教インタビュー動画も発見したので、載せようと思います。

これは、陣営(プロ)のコメントですので、僕のよりもずっと参考になるはずです。
追い切り動画とあわせて、こちらもご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

~追記~
最終予想を公開しました。よかったらご覧ください。

フォローよろしく!

   
【阪急杯2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は阪急杯2018の予想となります。 ここまで阪急杯2018に

【中山記念2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は中山記念2018の予想となります。 ここまで中山記念201

【嘉瀬川賞】2月24日の地方競馬予想【春うらら賞】

今回は嘉瀬川賞、アメジスト賞を始めとした地方競馬予想となります。

【仁川S】土曜日のおすすめ予想【アクアマリンS】

今回は仁川ステークス、アクアマリンステークスを始めとした土曜日のおすす

【阪急杯2018】予想と枠順見解

今回は阪急杯2018の予想となります。 阪急杯2018は二強。

→もっと見る

  • スポンサーリンク