【勝島王冠】11月29日の有力地方馬【地方競馬】

*

【勝島王冠】11月29日の有力地方馬【地方競馬】

今回は勝島王冠を始めとした地方競馬の予想記事となります。

予想に入る前に、まずは11月28日の地方競馬について振り返らせてください。
そんなのどうでもいいから、早く予想を見せろという方はスクロールをお願いします。

金沢4R ◎ペニテンス    1着
金沢6R ◎フェイマスラブ  1着
金沢7R ◎マダムストーリー 1着
園田6R ◎イチサルホープ  2着
園田7R ◎ヘヴントゥナイト 1着
大井2R ◎シゲルビーツ   5着
大井3R ◎マイネルルタン  4着
大井9R ◎マースインディ  3着
大井11R◎サブノジュニア  2着

このような結果になりました。
9レース参戦して、馬券圏内を外したのは2回のみ。悪くない結果ではないでしょうか。

しかし、大井での成績はいまいちかなと思います。
4レース中1着馬を当てることは一度もできなかったわけですからね。
まだまだ精進が必要と思わせられました。

さて、それでは11月29日の予想も頑張っていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

11月29日の有力地方馬

まずは園田競馬のおすすめ各馬を紹介いきたいと思います。

園田7R 13時50分出走予定
◎シャープシューター
○コペルニクス
転入初戦の前走は強い内容。叩いての上積みはありそうだし、ここでも力は上位。
今回が転入初戦となるコペルニクスも怖い存在だが、ここではまず勝ち負けになるだろう。
保険としてコペルニクスとの組み合わせ馬券を買っておくと安心だろう。

園田8R 14時20分出走予定
◎アゼツライト
アゼツライトとフセノランの一騎打ち。
アゼツライトは前走、2走前と人気に応えることができなかった。
枠やメンバーにも恵まれ、ここでの巻き返しに期待する。
フセノランに先着されていることから人気も落ちる。今回が買い目だろう。

○フセノラン
相手としてフセノラン。終いの脚は確実で魅力的。
アゼツライトに先着したことからも、力はここでも上位だろう。
しかしある程度、脚質的に展開が向くことが必要。だからここでは対抗評価とした。
アゼツライトを中心に、保険としてフセノランを相手とした馬券を買うべきだろう。

 

続いて、名古屋競馬のおすすめ各馬を紹介していきます。

名古屋9R 14時30分出走予定
◎シャドウウィザード
JRAで準オープンまで勝ち上がった馬。
初めてのダートとなるが、ここでは素質が違う判断。
あっさりと勝ってくれるのではないだろうか。

 

最後に大井競馬の予想です。

大井4R 16時20分出走予定
◎シーイズチャンプ
このメンバーなら持ち時計が上。能力的に勝ち負けは必至のはず。

大井5R 16時55分出走予定
◎スリーペイド
前走は圧巻の走りで2着馬に6馬身差をつけた。
ここでも力は上位のはずで、まず勝ち負けになるだろう。

大井6R 17時25分出走予定
◎グッドウィン
このメンバーでは持ち時計が上、能力的に勝ち負けになることは必至になるだろう。

大井8R 18時25分出走予定
◎ケアロハ
休み明けだった前走の内容が秀逸。
2走ボケが心配だが、前走のような走りができれば勝ち負けになるだろう。

大井11R 20時10分出走予定
勝島王冠については混戦と呼んでいるため、対抗に単穴まで上げさせてもらいます。
人気ブログランキングへ
比較的、逃げ先行馬が少ない組み合わせ。
混戦模様のメンバー構成のため、ここは展開面を重視した。
◎の馬は好位からある程度の上がりを使える馬で、展開が向きそう。
2走前のような走りができれば勝ち負けは必至だろう。

○タマモネイヴィー
タマモネイヴィーは長くいい足が使える。この馬も展開が向きそう。道中動いていけば上位争いになるだろう。
しかし、近走をみるに道中動くかどうか不確定で、絶対の信頼を置くことはできない。対抗の評価とした。

▲ディアドムス
ディアドムスに関しても展開が向きそうで、前走はいい競馬をしていた。
前走ほどの競馬ができれば、ここでも上位争いとなるだろう。
ただそれまでの成績がパッとしなく、前走がフロッグという可能性もあるため、単穴までの評価とした。

フォローよろしく!

   
【飛燕賞】2月18日の地方競馬予想【桂浜花海道特別】

今回は飛燕賞、桂浜花海道特別を始めとした地方競馬予想となります。

【大和S】日曜のおすすめ予想【ヒヤシンスS】

今回は大和ステークス、ヒヤシンスステークスを始めとした日曜日のおすすめ

【小倉大賞典2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は小倉大賞典2018の予想となります。 ここまで小倉大賞典2

【フェブラリーS2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 ここまで

【フェブラリーステークス2018】予想と枠順見解

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 フェブラ

→もっと見る

  • スポンサーリンク