【中山大障害2017】予想と枠順見解【最終予想】

*

【中山大障害2017】予想と枠順見解【最終予想】

今回は中山大障害2017の予想となります。

中山大障害2017はオジョウチョウサン、アップトゥデイトの二強体制だと言いました。
先日、投稿した有力馬診断でも、3着になりそうなのは、どの馬かという見方をしてきました。

有力馬診断

そこで3着になりそうな馬には、ある程度の目星はつけたものの、
本当にオジョウチョウサン、アップトゥデイトには漬け込む余地がないのか

今回の記事では枠順見解などから、そこのところを探っていきたいと思います。
そして、結論は最終予想で述べたいと思いますので、最後までご覧くださいませ。

というわけで、さっそく本題へ入っていきましょうか。

スポンサーリンク

 

中山大障害2017 枠順見解

障害レースで、枠順の有利不利なんてあるの?
と、お思いの方もいらっしゃる方と思いますが、
障害レースでも、平地レースと基本は同じです。

内枠有利、外枠不利
障害レースは長い距離を走りますから、当然といえば当然ですよね。

では、中山大障害2017の有力馬たちは、どの枠順に入ったのでしょうか。

4枠6番アップトゥデイト
4枠7番オジョウチョウサン
5枠9番ミヤジタイガ
8枠14番クランモンタナ
8枠15番ルベールノエル

有力馬たちは、このような枠順配置となりました。

有力馬たちは外に寄ってしまいましたね。
クランモンタナとルベールノエルは大外枠ですから、厳しい競馬となるでしょう。
これはある程度の割引は必要なはずで、やや評価を下げようと思っています。

それに引き換え、アップトゥデイトとオジョウチョウサンの二頭は、悪くない枠に入ったと思います。
他の有力馬たちよりも、内に入ったのは、この二強体制をより強固なものにしたといっていいでしょう。
枠順的にはアップトゥデイト、オジョウチョウサンに割引は必要ないはずです。

最後にミヤジタイガですが、これは可もなく不可もなくといったところでしょうか。
欲を言えば、アップトゥデイトとオジョウチョウサンよりも、内目の枠が欲しかったです。
枠順的には、上位二頭との逆転は難しいなかなと思わざるを得ません。

結論

以上が、中山大障害2017の有力馬たちの枠順見解でした。

うーん、有力馬たちはあまりいい枠を引いたとは言えませんね。
ここで枠順からの推奨馬をアップトゥデイト、オジョウチョウサンのいずれにしても面白くないですし……。
ならば、ここは有力馬たち以外から推奨馬を紹介させてもらいます

一頭だけ、これ以上にない枠を引いた馬がいますからね。

というわけで、枠順からの推奨馬は……。
いつも通り、ブログランキングにて発表させてもらいます。
ある程度の予測はついていても、応援の気持ちでクリックしてやってください。

推奨馬→人気ブログランキングにて公開中

前々に行く脚質ですし、内枠を引いたのは、どう考えてもプラスです。
この枠なら、楽に先行でして、ロスのない競馬ができるでしょうね。
強力な上位二頭よりも内目の枠ですから、枠の利を生かして立ち回ってもらいたいです。

さて、これで枠順見解は終わりです。
次は、いよいよ最終予想へと入っていきます。

スポンサーリンク

 

中山大障害2017 最終予想

今回の予想では◎、〇、△、△、★、★、そして危険な人気馬の7頭を紹介させてもらいます。

◎オジョウチョウサン
文句なしの大本命馬です。
よほどのことがない限り、ぶっちぎってくれるではないでしょうか。
骨折休養明けとなった前走が、これが骨折していた馬なのか?と思わせるほどのパフォーマンスを発揮してくれました。
叩き2走目の上積みもあるはずですし、今回は割と内よりの枠も引きました。
この馬が崩れる姿というのが想像できず、アクシデントがなければ勝つでしょうね。
人気になるでしょうが、それでも逆らいずらい、障害レース界の最強馬です。

○アップトゥデイト
オジョウチョウサンよりも内目の枠を引けば、ワンチャンスあるかなと思っていました。
内側の枠を引いてくれましたが、隣ではほぼ意味がありません。
この馬が勝てるとすれば、オジョウチョウサン大外枠、この馬が内枠だけだと思っていただけに残念です。
ですが、オジョウチョウサンが以外には負けるという姿は考えられません。
この馬もオジョウチョウサン同様に、この中では頭一つ抜けた存在なのかなと思います。
オジョウチョウサンに続く、大対抗馬です。

△スズカプレスト
今回は単穴評価なしで、いきなり連下の評価となります。
というのも、やはり上位二頭が強すぎて、他馬が上位二頭に勝つというのは考えにくいですからです。
そういうわけで、三着狙いの連下評価となりますが、三着筆頭はこの馬。
前々で競馬をするこの馬にとって、2枠3番は願ってもない枠だと思います。
すんなりと先行することができるでしょうし、ロスのない競馬をすることができるはず。
能力も三番手評価争いということなら、十分に通用するだけのものはあるでしょう。
今回は枠の利を生かした競馬ができれば、三着は自ずと近づいてくるはずです。

人気ブログランキングにて公開中
もう一頭、3着争いを演じてくれる馬を上げるとすれば、この馬です。
障害レース初戦と2走前を除ければ、障害レースでは大きく崩れていません。
障害レース初戦は障害に慣れていないということで、度外視できるはず。
2走前は雨が降っていて、重馬場だったということを考えれば、これも度外視できるでしょう。
その他のレースでは、障害レース重賞でも好走してくるグッドスカイを、二度も倒した実績があります。
グッドスカイをものさしとして考えれば、ここで通用するだけの力は十分にあるはずです。

★マイネルフィエスタ
斥量差があったとはいえ、アップトゥデイトと0.2秒差の接戦を演じたことがあります。
それを考えれば、ここでも力は上位のはずで、3着争いなら十分に可能でしょう。
本当はもっと重い印を打とうと思っていたのですが、いかんせん外枠に入ってしまった。
実力拮抗の3着争いで、これは致命的なはずです。ロスの多い競馬を強いられますからね。
能力はありますが、枠の不利があるということで、この評価に落ち着きました

★ルベールノエル
この馬も本来ならもっと重い印を打とうと思っていたのですが、外枠に入ってしまいました。
外枠の不利が大きいことはわかっていただけていると思います。
マイネルフィエスタ同様に、外枠に入ったという理由で、評価をここまで落としました

危険な人気馬→人気ブログランキングにて公開中
近走の成績を見ていると、なぜこの馬がここまで人気するかわかりません。
未勝利戦を勝った後、何度かオープン戦に挑んでいますが、勝利とは程遠い結果ばかりでした。
今回のメンバーに入ってしまうと、能力が落ちる感じは否めません。
さらに今回は大外枠に入ってしまいました。
これでは3着争いは遠く、正直上位争いすら厳しいのではないのかなと思っています。
この馬はそこそこ人気になっていますが、ここは自信をもって消します

スポンサーリンク

まとめ

以上で、中山大障害2017の予想とさせていただきます。

悔しいですが、オジョウチョウサンとアップトゥデイトに逆らう余地はありませんでした。
1着オジョウチョウサン→2着アップトゥデイトで堅いのではないでしょうか。

はぁ、それなら配当にはあまり期待できないじゃないか。
やっぱり、障害レースって儲からないのね。そう思われた方がいらっしゃったかもしれません。

ですが、僕はヒモ荒れには期待できると見ています。
3着争いはなかなか熾烈で、印を打った馬たちなら、どの馬にも可能性がありそうです。
僕が印を打った馬たちは、現時点であまり人気のない馬たちですし、ぜひ狙ってみてはいかがでしょうか。

というわけで、今回はこの辺で締めさせてもらいますね。

みなさん、中山大障害2017頑張っていきましょう! ありがとうございました。

フォローよろしく!

   
【飛燕賞】2月18日の地方競馬予想【桂浜花海道特別】

今回は飛燕賞、桂浜花海道特別を始めとした地方競馬予想となります。

【大和S】日曜のおすすめ予想【ヒヤシンスS】

今回は大和ステークス、ヒヤシンスステークスを始めとした日曜日のおすすめ

【小倉大賞典2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は小倉大賞典2018の予想となります。 ここまで小倉大賞典2

【フェブラリーS2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 ここまで

【フェブラリーステークス2018】予想と枠順見解

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 フェブラ

→もっと見る

  • スポンサーリンク